細くてすぐ曲がる指輪 太くできますか

TEL. 072-783-6723

〒664-0882 兵庫県伊丹市鈴原町5-56-4

指輪のウデを太くする

そんなことできるの?

すぐ曲がる細い指輪のウデを付け替え
index

エタニティのアームを太く

地金が薄くて高級感に欠けるので

芦屋市のI様からメールでご相談がありました

「一生ものとして、ハイグレードダイヤのハーフエタニティリングを買ったけど、アンダー部分の地金が薄くて高級感に欠け好きになれない ウデを太くできないでしょうか?」

とのこと

写真を送っていただいたものの、どこまで太くできるか 現物を見て判断することに

現物は石の大きさがセンターを中心にグラデーションになっており、それに合わせて、地金もだんだん薄くなっています

既成品でこのタイプとしては、しっかりしたほうですが、お客様にとっては気になるところなのでしょうね

勿論、工房でオーダーする場合はもう少ししっかり作りますよ

ただ、完成品を途中から切って太いウデに着け替えるには、それなりのリスクもあり簡単ではないのですよ

また、加工代以外に地金も必要になります

今回は、立て爪ダイヤリングも一緒にウデを太くしたいとのことで、地金用に別の不要な指輪をお持ち頂きました

同じpt900なので溶かして使えます 地金代が要りません
修理代が全然変わってきますよ

色々なリスクを乗り越えて完成したのがこの指輪です

ハーフエタニティリングは途中で切って繋ぎ太くしました
立て爪リングは台座以外を全部作り変えました

完成して納品
「大満足です」と言っていただけました

指輪の変形修理 宝石無料相談はこちら

送って修理はこちら

このページのトップへ戻る


真珠の指輪 細いウデを太くする加工

くねくねに曲がったウデを交換


「ホームページを見たのですが、指輪のことで相談したいので、これから行ってもいいですか?」と伊丹市のE様からお電話

丁度その日は、1時と3時にご予約が入っていたので、ばたばたで、先約の合間に来ていただきました。

ネットはご主人様の担当だそうで、ご夫婦でご一緒にお越しいただきました。

奥様が、ダイヤリングのリフォームやサイズ直しをご依頼されたあと
「この指輪は直りますか?」と出されたのが、ウデがくねくねに変形した真珠の指輪

今にも切れそうなリング
地金の薄い既製品の枠ではよくあるのですが、今回は特に細いウデです

「変形を直すことは出来ますが、またすぐ変形すると思いますよ」
「そうなんですよ、細いからすぐ曲がるんですよ この指輪は好きなのに・・」

「形を変えないで、ウデだけ太くすることも出来ますよ」
「そんなこと、できるんですか・・」

「ただ、構造上ちょっと難しいところもありますので、加工場と相談してからになりますが」
「出来たらお願いします」とのこと、お預かりして、職人さんと協議しました。

普通、指輪のウデを太くする加工は、リングの二時と十時当たりの太い部分を切断して、その太さをキープしたアームを別に作り、付け替えます。
でも、この指輪は、その肩の部分も細いので、この方法ではできません。

そこは、ウデに自信の、わが熟練職人さん
「面倒やけど、ウデ全部を取り替える方法で、何とかします」とのこと

加工方法はクリアしたものの、他にも問題があります。
実は、この加工、加工代は二万円ほどで出来ますが、ウデを太くするためプラチナ地金が4グラムほど必要になります。

昨今はプラチナが高いので、加工代に加え地金代のご負担が高くなってしまいます。

「何か使わないプラチナがあれば、それを溶かして再利用することが出来ますが・・」
「Pt1000の使わない指輪ならあります」とのこと
でも、真珠の指輪はPt900、そのままでは使えません。

「Pt1000をパラジュームで割って、Pt900に直して、それを使います」
「へー、そんなことも出来るのですね」
「加工屋ですから」

これで、地金問題もクリアして、よりお得に加工することが出来ます。

これで,すべてOKと思っていると、デザイナーさんが
「これだけ、枠が立派になると、この珠のキズが残念ですね・・」とのたまう

そうなんです
お客様から預った指輪の真珠は、元々古キズがあり、経年劣化で色も少し黄変しています

確かに枠が立派になる分、このキズが気になります。

そこで、お客様に
「この真珠に何か特別の思い入れとか、この珠でなくてはいけないようなことはあるんですか?」
「なんで、ですか」

「実は、ウデを付け替えると、かなり立派な指輪になるのですが、その分、この真珠のキズが気になるかなーと思いまして」
「そーなのよ、私も元々このキズは気にはなっていたのよ」

「特別、この珠にこだわっているのでなければ、珠を取り替えることも出来ますよ」
「そーして下さい」と即決

「分りました。綺麗な珠を見繕って見ます」
と結局、真珠自体も交換することになりました。

お客様も気にはなっていながら、珠を取り替えることまでは思いもよらなかったようです。
ホワイト系のアコヤ真珠九ミリ珠をご用意、

そして完成したのがこの真珠の指輪です
ウデを太くするだけでも、すごくイメージは変わります。 その上、今回は真珠自体も交換

元の形は残したままで、立派な真珠の指輪に変身

真珠は、経年劣化で色が変わってきたり、古キズが目立つようになることもあります。
こんなときは、珠だけ綺麗なものに取り替えることが出来ますからご参考に。

この記事はお役に立ちましたか
それでも分からないときや、真珠の取換え修理ご相談はこちら

宝石無料相談はこちら

送って修理はこちら

このページのトップへ戻る


指輪のウデを太くする加工

すり減ったプラチナリングのウデを太くする 

大阪市のI様から、リフォームのご依頼のついでに、変形した指輪の修理も頼まれました

ダイヤ付きのプラチナリング
長年着けていて、指輪の腹の部分が磨り減って薄くなり変形しています

このままリングの変形を直しても、またすぐ曲がってしまします

曲がるだけならいいのですが、指輪が変形すると石留が甘くなって、ダイヤが落ちることも考えられます

そこで、指輪の細いウデを切り取り、太いウデに付け替えることになりました

指輪の両サイドを切り取り、細い部分を取り除く
太い部分をに合わせたウデをつくり、それを入れ込んで付け替える

この場合、太くするための追加のプラチナ地金が必要になります
今回は、リフォーム用にお預かりした不要な地金があるので、それを溶かして再利用します

地金相場が高いときは、お手持ちの地金(不要になった指輪やチェーンなど)があると、それを溶かして再利用すれば、お値打ちに修理できますよ

今回は、加工代だけで修理完成

繋ぎ目も違和感なく綺麗にできました
これなら、もう曲がることもありません

また、大事な指輪の石落ちの心配もありません
修理代は加工代とキズ取磨き仕上代で\15000(税込)です

もし、プラチナのお手持ち地金がなければ、他に地金代が\20000程プラスされるところでした

使わなくなった金やプラチナ地金があれば、修理にも有効に再利用できますよ

指輪のウデを太くする加工宝石無料相談はこちら

送って修理はこちら

このページのトップへ戻る



バナースペース


宝石工房ながお

〒664-0882
兵庫県伊丹市鈴原町5-56-4
TEL 072-783-6723
工房について / お問合せ 

特定商取引法に関する記述